カテゴリ:合コンの店( 19 )
「牛傳」 恵比寿
ブログの人たちに教えてもらったお店へ。
本来ならば、マンツーマンが望ましいようだが、今回は4vs4。
職業はOLかな、年齢は聞かなかった、いや、聞けなかった。

焼肉を食べながら合コンっていうのは、新しい。
個室を2つくっつけた部屋で、テーブル2卓の距離があり、一体感が保ちにくかった。
故にこの店はデート向きなんだろう。

骨付きカルビがうまかった、いや、そんなことはどうでもいい。
会話はごくごく普通に流れる。宴たけなわになったところで、更なる一体感を求めて、テーブル1卓に強引に8人が座り、恋愛話を始める。行きつくところは、誰が誰を気に入ったか、である。
一人の女の子、気に入ったメンズがいるという。
「ほー、なるほど。。」と、気に入ったメンズがいても不思議な話じゃないよねー、みたいなニュアンスを込めて迎合するが、心の中では俺だったらうれしいなー、みたいな下心でいっぱいだったりする。
で、彼女が発表する。
「XX君。」

きたーー、それ俺じゃん。
今日の俺は勝ち組だ、そう信じて参加者の誰もが疑わなかった。
店を出る、当然、その子の連絡先を聞く。
彼女はすごいことを言い出した。
「ごめんなさい、私、彼氏がいるの。だから1対1でお会いすることはできないんです。できれば電話も。。。」
相当びびった。
さっき、真っ先に、合コンの中心で愛を叫んだ、君はなんだったんだ?

焼肉屋で合コンに継ぐ、本日2つ目の新しい経験。
これはかなり辛辣なイレギュラーな出来事、、、なかったことにして次に行こうと思う。


この店での俺の奮闘を期待してくださった方々へ、期待に添えずに申し訳ない。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-08-10 00:56 | 合コンの店
「パルス」 新宿
合コン、4vs4。
相手はゼネコン秘書。
何故か最近、やたら秘書さんとコラボレートする機会が多い。

女幹事は、昔からの知り合い。
俺は彼女に数々のイケメンを紹介してあげた。
逆に彼女からグッとくる女性を紹介された記憶がない。
やっと恩返しできるときがきた、という彼女の言葉を信じて、飲み会を開催することに。

店は、4Fはダーツバー、5Fが個室。
今回は個室を利用する。
天井が相当高く、プロジェクターを利用して100インチぐらいの映像を楽しむことができる。
好きな音楽、好きな映像を楽しむ、なんてちょっと小粋なこともできたりする。
今回はそんな時間がなかったので、全部お店の人のセンスに任せた。

掘りごたつ式のテーブルを囲んで団欒がスタートする、ちょっとドキドキしながら端から端まで隈なく見渡してみる、お目当てが見つからない。。。。
またはめられてしまった。
誤解しないでほしいが、みんなイケてない訳ではない、事前情報と合致した女性が見当たらなかったということだ。
女幹事にお仕置きしてやろうと思ったら、彼女はすでに本日のイケメンに夢中な視線を送っている。ほんと呆れた。。。

女幹事から紹介したかった子を教えてもらい、話してみる。
まじめだ、まじめなのは素晴らしいと思っている。
ただ、何というか、遊び心がないというか、結婚相手を必死に探しているというか。。。
こんな俺だっていずれは結婚したい、でも相手を深く理解したい、その為に一緒に笑ったり悲しんだりする時間があり、、、、、、みたいなプロセスって重要だと思っており。。。
やや語ってしまった、前提となる彼女さえいないのに語ってしまう自分が痛い。

飲み会としては、いつもながら、楽しいひとときだった。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-08-09 00:26 | 合コンの店
「かまくら」 新橋
渋谷、銀座にもお店があるが、今回は新橋店へ。
値段はいたってリーズナブル、かまくらでできた個室が特徴的だが、それ以外は普通のダイニングバーと一緒、エロさは全く感じなかった。


オープンほやほやということで、たくさんの花輪、イエローキャブのタレント名を利用したものも多かった。
今日の飲み会にMEGUMIがいたらサプライズだなー、なんてほんの少しだけ期待して個室に入る、そんないい話があるはずがない。
逆に悪い話がある。メンズは4人に対してウィメンズは2人しかいない。

相手は、友達の得意先の会社の役員秘書。
メンズの中にはその得意先のやや偉い方もいる。
これはおのずと接待にならざるを得ない。
気持ちを180°切り替える。
結局、ウィメンズは、仕事が忙しくて2人来れないと言う。
俺は言う「まったく問題ないですよ、仕事だったらしょうがないですよ。」
結局女の子から謝罪はなかったが、これは接待だ、謝罪がないのは当たり前の話だ。

会話は、その会社のカルチャーに触れる内容が多かった、これはこれで勉強になった。
行くところまでいくのが接待のセオリーなのかもしれない、ただ俺にも大事な明日がある、友達には申し訳ないと思ったが人数が不釣合いだし、終電で帰らせていただいた。
微妙な華金だった。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-08-02 19:35 | 合コンの店
「NOS」 恵比寿
コンツェ恵比寿のB1F。
サントリーの関連会社であるミュープランニングが経営、青山にもある。
カフェバーって感じの雰囲気かな。

5vs5、個室。
相手は「ティオ ダンジョウ」でご一緒したメルセデス嬢、当然のごとく電車は利用しない。
集めてくれた女の子は彼女の会社で働くエステティシャンや美容師達、20-23才と若くてかわいい。
かわいい子をお願いするのはいつものこと、若い子をお願いしたところには理由があった。
男も大学4年生と相当若いからだ。
なぜ、若人とつるんでるのか、説明すると長くなるので割愛する。

若さ故なのか、初めは会話はややぎこちなかった。
しかし酒が進むについて、会話も盛り上がっていった。
いつものノリとは違った新鮮さがあり、これはこれで楽しかった。

恐怖のお会計、支払う前に「ご馳走さま」と俺に挨拶をする学生達、やたらしっかりしている。
店を出る、連絡先をゲットするタイミングにもかかわらず、なかなかアプローチしない学生達に痺れを切らし、半ば強引に連絡先交換タイムを設けた。
俺もドサクサ紛れに連絡先をゲットしようと思ったが、今日のコンセプトは学生と社会人の交流会ってことで止めておいた。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-07-25 22:38 | 合コンの店
「aux charcoal」 渋谷
「bee8」の姉妹店。
昔はよく「bee8」に行った。お店で2002年ワールドカップを観てたから、2年前のことか。
姉妹店は、、、浅野ゆう子時代のトレンディードラマに出てきそうな、なんかセットみたいな内装。
オープンしてから1年ぐらいしか経っていないというのが信じられない。
エロさもないし、かっこよさも感じない、唯一駅から近いところは評価できる。

ロフトを借り切る。
5vs5。
「忍庭 泉」の合コンはいろいろ繋がってるようだ。
その時の女の子が、俺の友人のことをめちゃ気に入ったらしい。
そして再度合コンを企画してほしいと打診される、受けたのは俺じゃなくて別の友人、でも何故か、俺も参加することになった。

アクシデント発生、主賓の女の子がどうやら高熱で参加できないことになった。
その話を聞き付けたモテ男は、じゃー参加する意味ないよね、ってことでこちらも欠席。
何だか少しトーンダウンしたが、しかし俺にとって、2人が参加できないことなんて関係ない。
出会いを求めて今日もひた走った。
。。。。
最近、走りすぎたせいか、少し息切れしてきた。

エクセルシオール・カフェで、友人と反省会。
実はこの反省会が一番楽しかったりする、ですよね?幹事長、もし読んでいたらコメントいただきたく。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-06-28 00:18 | 合コンの店
「Yellow G」銀座 その2
みんなで会ってるときはボチボチ面白い、
メールは、すっごく面白い、
だけど、2人で会うと、結構つまらない人なのね。

そんなことを言われたのは、かれこれ5年前のこと。
本気で凹んだ、3日間はまともに食事が出来なかったと記憶している。
最近では、頼みの綱であるメール、これも成績が芳しくない。
損保もだめ、女子大生もだめ、これは早急に対応を練らなければ。。。

俺の周りは、g系の店がお気に入りのようだ。
4vs4、20台後半、いわゆるお嬢様女子高からの仲間。

いろいろあって、2時間近く遅刻した。
どうも遅れてすみません、なんてありきたりな挨拶で登場してみたものの、みんなの反応がよろしくない。
誰か喪中なんですか、と聞きたくなったぐらいだ。
席に着く、前に座ってる女の子は半分寝てる。ビックリだー。
何とか、盛り上げるために、ひたすらしゃべった。
その甲斐あって、会話は少しずつ流れ出した。
隣りの女の子、エステ会社の御曹司のようで、久しく電車は乗っていないという。
だから、俺は、電車のすばらしさを得々と語ってあげた。
「電車男」、ご存知か?
笑いあり、涙ありの感動のラブストーリー。
いまや、最も可能性が高い出会いの場は、合コンではなく、電車なんじゃないか。
彼女も少しうれしそうだった。

会計を終え、連絡先を交換、そして解散。
御曹司とその仲間達、メルセデスに乗って風切って帰っていった。

そして俺は電車に乗り込み、出会いを探したが、、いやー難しいなー。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-06-23 16:26 | 合コンの店
「Silver G」 恵比寿 その2
週末。
実はこの前日も「Silver G」で飲んだが、特出すべきところはない。
今回はややネタ的に面白かったで、店はかぶるが記しておく。

5vs5
女の子は95、男は148.
この数字、ボーリングをやった訳じゃない。あまり触れたくないが、男女捌の合計年齢だ。
そう、華の女子大生と合コン。割りとネームバリューのある女子大、高校はいいところにある。
恋愛に年齢なんて関係ない、いや、ないと思いたい。

今回の男幹事、幾度となく一緒に合コンをやってきた。
自分が幹事じゃなくても、皆から幹事長と言われる、そのくらい場を統制し、皆の心を掴んで離さない。皆、彼のことを「合コン会の山崎拓」と呼ぶ。現幹事長は安部氏だ、というのは些末な話、山崎拓、このフレーズが彼にはしっくりくる。
会を開くことがだけでも労いの言葉をかけたくなるが、それだけではなかった。かわいい女の子を集めたし、場もかなり盛り上げた。かなり水をあけられたなー。

若い子は、変な計算はしない。かなりのイケメン1人に、全部持っていかれた。どんなに面白い話をしても、どんなに経済的にゆとりがあっても、見た目の良さにはかなわないようである。
年齢なんて関係なかったとしても、見た目が最重要となれば、、、どちらにしろやっぱきついんだなー。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-06-21 00:52 | 合コンの店
「SPUMA」 渋谷
最近、めちゃアクセス数が増えてきた。
うれしいのと、繋がってる女の子にバレるんじゃないかという不安が同時に存在しだした。。。と、その矢先にバレた。
「ちょっと合コンやりすぎじゃない??」、笑い飛ばすしかなかった。
この場をお借りして返答させていただきます、
「ほんとアホですみません」





で、週の初めから、懲りずにまた合コン。
損保の勝ち組に勤務する女の子。4vs4。
店は白を基調とした、カフェバーって感じかな。ターンテーブルもあったから、イベントも多いんだろうな。

何だか、すっげーモテた、今後の人生でもそうないだろうってぐらい。
付き合ってもいい、ではなくて、付き合いたいというお題で、3/4票をゲット。
男としては有頂天にならざるを得ない。
帰り際、通常ならば腰をかなり低めにして連絡先を教えてもらうが、今回は余裕たっぷり、名刺をばらまいて退散。
そして3人から、お礼メールがきた。
そのうち、いいなーと思った女の子1人に、前向きな返答メールを送る。
「今度飲みに行きましょう・・・・・・」
2日が経過した、、、しかしメールが返ってこない。。。
マジかよー、やっちゃったよ。。。
・雰囲気的にしょうがないから俺に投票した。
・やや偉そうな、有頂天になっている俺の態度に引いた。
・寛大な男と見せかけておきながら、他の女性に配慮が足りない、せせこましい誘いメールに興醒めした。
・メール内容がバカっぽかった。

問題点はいろいろ考えられる。
が、考えると辛くなるし、こんなケースは2度とないだろう。
だから忘れることにしよう。
この総括で締めくくる俺、ほんと幸せな奴だなー。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-06-17 22:49 | 合コンの店
「すずめの御宿」 渋谷
金曜。雨がポタポタと降りそそぐ渋い天候、今日の合コンを物語っているようだ。
「すずめの御宿」、円山町のラブホテル街のど真ん中に位置する、古い家屋を改築したちょっと料亭っぽい雰囲気のお好み焼き屋。
本来ならば、ギャルと飲み会のはずだった。

ギャル、恐ろしい。
ドタキャンされる、男幹事のマネージメント力にも問題はあったが、人としてあり得ない。
店担当の俺は、ギャル→まともにトークできない可能性が考えられる→話ではなく動きでごまかす→まずは手を動かす→お好み焼き
というロジックで、わざわざお好み焼き屋を選んだ、隙あればラブホテルもすぐ隣りだし。。。

男幹事は替え玉がないということで、前日になって俺も必至に相手を探す、すると「忍庭 泉」で合コンした時の女の子がヒットする。
通信会社の受付嬢。
たくさん電話番号を聞いといてよかった。

1Fのお座敷で、いつもとはちょっと違った趣の合コンだった。
イベリコ豚の鉄板焼き、カマンベールもんじゃはなかなかおいしかった。あと、お好み焼きもおいしかった、おそらく小麦粉ではなく山芋を使ってるんじゃないかなー?銀座の「どれ味」のように。
こんなところにこんなお店が、、っていうサプライズはあると思うので女の子を連れていってあげれば喜ぶだろうなー、変に警戒されそうだけど。

前日にも関わらず、5人集めてくれた女幹事に感謝。
近所だったので、タクシーで送ってあげた。
結構でかいマンション、一棟丸ごと親の持ち物らしい。
こりゃ金持ちだ、すっげー。。。。
また近いうちに遊んでもらおう。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-06-14 17:05 | 合コンの店
「青柚子」 恵比寿
「魚がし日本一」を展開する(株)にっぽんのエロい路線を狙った店。
「魚がし日本一」って聞くと、ちょっとげんなりするが、この店は暗いライティングで結構エロい。

合コン、5vs5、個室。
先日の「忍庭 泉」幹事の第2弾。
女の子はレースクイーン、コンパニオンなど。
これだけエロい女を集められる男幹事は、ほんとさすがだ。
女幹事から「大人の男を呼んで」というオファーを全く無視し、お笑いに傾斜した男仲間を呼んでしまうところも、これまたさすがだ。

わがままでちょっと痛い女の子が多かったこともあり、一体感がなく、みんな個別対応してた、そんな感じの合コンだった。

さっき、参加した仲間から、リサーチ結果が送られてきた。
彼はアキバ系、この手の女の子と合コンした翌日、webに掲載されている女の子達の画像を送ってくれる。
今回もエロくてすばらしい。

みんな、ある一定以上の評価をした女の子がいた。
しかし俺はあんまりかわいいとは思えない。
最近、そんなことがままある。
今まで自分はわりと面食いだと思っていたが、ひょっとするとただのいい奴なのかもしれないなー。。。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-06-11 16:41 | 合コンの店