<   2004年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
「ZETTON」 銀座
レセプションパーティーの後は、学生時代の友人3人とミーティング。
ミーティングって大げさだな、7月上旬に予定している男3人韓国ツアーを具体化させるってだけの話。
このメンバーは本来4人で活動を続けてきた。活動内容は合コン、BBQ、キャンプなど。
うち1人が、去年夏頃から米国駐在になったこともあり、最近は全然遊んでいなかった。韓国ツアーが久しぶりのイベントになる。

また、ZETTON。1Fの立ち飲みにしようと思ったが、資料をみながらやるってことで、4Fの4人用個室へ。
隣りの4人用個室では合コンが繰り広げられていた。
・男の横に男、そして女の横に女という配置。男の斜め前が男、という基本路線を踏襲していない
・女の子がエロくてかわいい、男はいまいちだ、俺らのほうがいけてる。

そんな感じの、やっかみとしかいいようがない、どうしょうもないトークばかりで、肝心の韓国ツアーの話が始まったのは乾杯してから1時間が経過したころ。
今回の韓国ツアーのコンセプトは明確、女、カジノ、この2点。
これ以外はどうでもいい、って話で、すでに満場一致で合意に達している。
一人が提案する、床屋に行きたいと。
韓国の床屋は散髪のあとに、三発、いや数字を間違えた、一発抜けるらしい。
皆さんご存知か?噂で聞いたことはあったが、ほんとなのだろうか?
熟知している人がいたら、教えてほしい。
しかし、この床屋の案、女のクオリティーが期待できないと、もう一人の友達、今回の幹事長から、思いっきり却下される。
床屋の案を出した奴は、突っ込まれるとうれしがる、完全にMだ。故に今回も却下されて心の底からうれしそうだった。そんな彼の20年後が心配でならない。。。

そして幹事長が持ち出したキーワードが「きーせん」だ。
「きーせん」、私は勉強不足で知らなかったが、要はデートクラブみたいなやつらしい。
幹事長の話を鵜呑みにすると、パラダイスとしか言いようがない。
でもなー、ちょっと、きな臭さは否めない。。。
詳しい人がいたら、教えてほしい。

こんなバカ話ばっかりで、肝心の渡航スケジュールについて話す時間がなくなってしまった。それは、メールでやろう、って。ちょっと順番が違うんじゃないかなー。。。。
兎にも角にも、楽しみだ。


グルメを中心としたコンテンツじゃないとまずいな。
うんー、銀座のZETTON系の店で合コンやるなら、ここより銀座ロビーのほうがいいなー。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-31 21:15 | 合コンの店
「フェア・ドマ」 日本橋
a0013926_201140.jpgイタリア・ジェノバ料理。
レセプションパーティーに行ってきた。
シェフの松橋氏は、ジェノバで修行後、都内のイタリアンでも経験を積んだ実力派。
店内の雰囲気は、明るい照明、白い壁が清潔感を与える。
料理は、レセプションパーティーってことで、ゆっくり食べれなかったが、一口二口いただいた感じでは、しっかりとした味付けでよかった。
どんな料理が食べれるのか知りたかったが、残念ながらメニューはまだ未完成とのこと。
ただ、ピザはないって。
あと、フィリッポ・インザーギが大好きなパスタ料理があって、それが食べれるんだって。
俺もインザーギみたいにゴール決めまくりたいから、今度食べてみよう。
ほんとゴール決めたいなー、昼も夜も。。。オヤジ系下ネタで、失礼しました。

メディア、結構いろんなところからオファーがあるらしく、とりあえず「東京カレンダー」の取材だけは受け入れることにした、とシェフが言っていた。
店の雰囲気、客単価から考えるとマッチしていると思った。

インザーギのパスタ、楽しみだな。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-31 20:12 | うまい店
「フレーゴリ」 恵比寿
先週の合コンで知り合った広告代理店の子と晩飯。
エロ系の店で攻めようか、悩んだが、その手の店は行き疲れたという彼女の意見を汲み取り、うまいものが食べれるイタリア料理店として定評がある、「フレーゴリ」へ。
恵比寿駅から歩くこと10分、大通りをちょっと入った住宅街に位置し、オープンテラスで、テーブル8席・カウンター6席ほどのこじんまりした店。
生ハムとルッコラのサラダ、ポルチーニ茸のリングネ、スペアリブのトマト煮をいただきた。ポーションはかなり大きいので、2人で十分な量。一品、一品に温かみがあるというか、一生懸命作ってくれたんだ、みたいなところが感じ取れて、非常によかった。
昼はめんどくさいし、働くの嫌いだからやらないんだよー、って言っちゃうシェフとギャルソンは、気さくな感じで好感が持てた。
テーブル席で仲間とガヤガヤ過ごすのもよし、カウンターで店の人も交えてバカ話しながら過ごすもよし。
いい店だし、また行ってみたいな。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-29 14:33 | うまい店
「D&DEPARTMENT」 九品仏
22時、D&DEPARTMENTのカフェへ。
環八沿いに路駐できるし、天井が高いし、心地よいソファーだし、まったりできる、、こんな諸々の理由からこのカフェが大好きだ。
久しぶりに訪れた。どうだろう、3ヶ月ぶりぐらいかなー。
結構様代わりしてた。
以前は、売ってる家具とかマニアックな備品が、なんだか雑然と置かれていたけど、今はスタイリッシュなアイテムが整理整頓して置かれていた。ちゃんと在庫管理をしてそうな感じに。
フードメニューも充実してたし。

男2人、キャンプへ一緒に行った友達。
キャンプの時の女の子と付き合うことになったという報告を受ける。
びっくりして、飲んでいたダブルエスプレッソをこぼしてしまった。
シングルエスプレッソになっちゃったぐらい、かなりの勢いでやってしまった。
冴えない余談はこの辺にしておく。
で、俺は心から思った、人生はすばらしい、と。
つい先日まで、赤の他人だった2人が、これから時間を共有しようというのである。
それって普通じゃん、って感じだが、2人の出会い、そしてキャンプ、プロセスを見てきた俺にとっては、かなり感慨深いものがあった。

そして、1人取り残されてしまった。
やべー、試食ばっかしてる場合じゃないのかなー。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-27 01:30 | 日記
「丸八」 大井町
また、とんかつが食べたくなり、大井町の「丸八」へ。
とんかつマニアの間では、ある一定の評価を得ている店のようだ。
よって、近くで働いていると思われるサラリーマンで満席だった。
上ロースを注文する。
面白いことに、1度揚げたカツを取り出し、違う鍋に入れて2度揚げしていた。
忙しそうだったら、その理由を聞くことはできなかったが、きっと、最初は低温で中まで熱を伝え、次に高温でまわりをサクッと仕上げてるんだろう。
衣は厚め。肉は柔らかい。まー、おいしかった。

そう、大井町の駅改札で、カットモデルになってほしいと、いきなり声をかけられた。
1時間半もあれば、大丈夫だと、強張った表情をして彼女は言う。
「はっ? 何で俺なの?」と思わず聞いてしまった。
なぜなら、俺は結構短髪、短いソフトモヒカンって感じで、これ以上刈る必要がないからだ。
しかも先週、刈ったばっかりなのに。

「いや、なんとなく。。。」という冴えない返答も意味不明でミステリアスだったし、そもそも急いでたので、やらなかったけど。

で、俺が知りたいのは、カットモデルってどういう人を選ぶのかなー?ってところ。
きっと、基準ってあるんだろうなー。
暇そうな人?髪の毛ぼさぼさな人?失敗しても怒らなそうな人?
どれも当てはまんないなー、って思うんだけどなー。
美容師業界に詳しい人がいたら、教えてほしいね。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-25 18:11 | うまい店
「とんき」 目黒
渋谷まで行く用事があったので、ちょっと早めに家を出て、目黒へ。
いい年して、未だに脂っこいものを好む私は、当然のごとく、とんかつには目がない。
いろいろ試してみたけどとんかつ屋には大差はない、和幸で十分だと思っていた私の固定観念が最近覆された、蒲田にある「丸一」という店だ。ここの店の上ロースはマジで最高、まーその話は置いといて、ひょとしてまだうまい店が他にもあるんじゃないかという期待から、「とんき」へ行ってみることに。
余談だが、 「 まい泉」、「勝烈庵」だのメジャーどころの評価はニュートラルである。

ロースかつ定食を注文すると、オーダー受付専門のおじさんが、調理人達にオーダー内容を伝える。ラーメンの六角家みたいだなー、なんて思いながらとんかつを待つこと20分、やっと出てきた出てきた。
衣がでかい割には、肉が小さいところはやや不満だったが、衣はサクサクで肉はやわらかくて、おいしかった。キャベツ1回、ご飯2杯のおかわり。
食べ終わると、さっと温かいおしぼりが運ばれてくる、それで脂ぎった口のまわりを拭き取る、ちょっと小粋なサービスだなーって思った。
おいしかったし、清潔感があったし、よかった。
でもやっぱり、蒲田の「丸一」がナンバーワンだなー。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-23 20:12 | うまい店
「IMOARAI」  六本木
ヤレる度 ★★★★★

映画へ行こう、そう誘うことで精一杯だった女の子と2度目のデート。
実は5月に入ってから、この子と再会できることをずっと楽しみにしていた。

「週末は仕事が忙しくて、平日なら。映画は厳しいかな。。」なんて返事をもらい、ただ飲みにいくことに。
本屋で「ぴあ」の映画情報を熟読していただけに、やや凹んだが、まーいい、映画はただの口実だったから。

場所は、六本木の芋洗坂にある「IMOARAI」、ZETTON系の店。
店の看板はいっさい出ていない。
ビルの入り口のインターフォンで呼び出し、ビルの最上階へ。
ドアを開けるとそこは別世界。
薄暗いライティング、落ち着いた雰囲気。
カウンター奥のテラス席へ。
2人用のガラステーブルが6卓ほど、これからの季節は大人気だという。
彼女の席から六本木ヒルズ、俺の席から東京タワーがきれいに見えた。
彼女より、俺のほうが興奮していたなー。
1時間ほど経過し、少し肌寒くなってきたので、内階段を上がり、ソファー席へ。
合コンの2件目としても使えそうなスペースだ、ただ大騒ぎはよくない、しっぽり話し込むにはもってこいだ。

会話の内容は、総じて取り留めの無い話、ただ前回より少し異性を意識するような内容だったかな。
でも、攻めてる感が相変わらず弱かった、そのことは彼女も感じとっていたはずだ。
言うなれば、戦場へ行くには行ったものの、第一線では戦わない衛生兵。
せめて、彼女に聴診器をあてるぐらいの勢いがほしかったのに。。。。
終電を越えた時間になり、前回同様タクシーで帰ることに。

別れ際、また今度ね、と言ってはみたものの、完全に緊張の糸が切れたというか、、次回に望むパワーがなくなっている自分を感じざるを得なかった。
会う前はすっごく楽しみにしてたのに、なぜだろう?
5月に入ってから、不調が続く。
やばい、次のターゲットを探さないと。

この店で口説けない負け組の私が言うのも何だが、かなりヤレる度は高い、ここぞというときに是非。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-19 13:16 | エロイ店
「月見小路」 銀座
ヤレる度  星なし

行こうと思ってた店が残念ながら満席、月曜ってことで油断してたなー。
やむなく、この店に久しぶりに訪れてみる。
at、月の蔵などを展開する三和興産の店。
どのくらい前だろう、4年ぐらい前かなー、創作ダイニングバーの走りだったころ、「月の蔵」でよく合コンしたなー。
その時、この「月見小路」は予約が全然取れないくらい大人気だった。


週の初めってこともあるのかなー、ガラガラ。
完全にブームが去ったって感じ。
この手のダイニングバーは流行り廃りのサイクルが早い、だが、割りと長い間輝いている店もある、恵比寿の「SACRA」とか。
その違いはどこにあるのか?
料理の質、雰囲気によるところもあると思うが、サービスの質がもっとも重要な因子であると考える。
この店は大人気だったころ、天狗になっていたせいか、店員の対応は横柄だった。
その結果、完全に魅力を失ってしまった気がする。

今回は半個室を利用したが、エロさが足りない。
昔はもっとエロいと思ってたんだけどなー。
俺のモチベーションも下がりまくった。。。。
連れの女の子にはほんと悪いことをした。
ま、こんな日もあるなー。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-18 01:30 | エロイ店
「まつ勘」 麻布十番
a0013926_22451.jpgうまい寿司が食いたい、そう思い立った私は、あら輝、喜よし、久兵衛など手当たり次第に電話してみるが、日曜の昼ということもあって、休みや満席という理由でなかなか予約が取れない。
やっと取れたのが、麻布十番の「まつ勘」。
今回が初挑戦。
名前からも想像がつくように、親方は銀座の「勘八」で修行をされ、25年ぐらい前に麻布十番に店を構えたらしい。吉祥寺にも支店がある。
おまかせで、握ってもらった。
酢で絞めたキスから始まり、アジ、絞めたコハダ、子持ちシャコ、スズキ、いくら、マグロ赤身、アナゴ、、、すべて一貫ずつ出てくる。
親方いわく、いろいろ幅広く食べてもらいたいという理由らしい。
鮮度も良いし、塗られた煮切りの味付けもいい。
下駄に盛りつけられた塩漬けされたセロリとエシャロットもさっぱりしていておいしかったなー。
10種ぐらい食べただろうか、まだ余裕があったので、トロの鉄火巻き、炙ったホタテ、仕上げは卵。
値段は1人あたり6000円ぐらい。
内容からすると、かなり安いと思った。
銀座だったらゆうに1万円は超えるだろう。

店の雰囲気は割りと庶民的で肩肘はらずに行ける店だった、また行ってみたい店だなー。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-16 22:46 | うまい店
「THE LOBBY」 目黒
a0013926_21574.jpg外苑前の「OFFICE」には何度か足を運んでいた。
そこの系列店「OFFICE 目黒営業所」に行ってみることに。
渋谷でフットサルを終えたあとだったので23時過ぎぐらいだった、しかし、店は閉店ということで、やむなく「THE LOBBY」へ。
ここも系列店で、「OFFICE 目黒営業所」からすぐのところに位置する。
エントランスを入ると、200平米はあろう、広々とした薄暗い空間にソファーが並べられている、なかなかかっこいい。
カップルや軽い合コンっぽい客層の中で、男2人の俺達は「これ、ギリギリだねー」なんて言いながら、話を弾ませる。
友達は、GWのキャンプで、琴線に触れる出会いをした奴。おのずと話は、進捗報告会になった。
細かい話は置いといて、うまいっているという報告を受けた俺は、キャンプのコーディネーターとして嬉しかった。
何でも、翌日もデートで、ニートすい星を観るために葉山へ行くと言っていた。でも悪天候だったから、どうしたんだろーなー?うまくいくことを心から祈っている。

そう、この店の上層階は、「CLASKA」っていうデザイナーズホテルになっている。
広い部屋で123平米+テラス41平米で8.4万円。
パークハイアットのガバナーズスイートが22万。
パークハイアットのエロさには及ばないけど、ここでも十分おしゃれなパーティーができるんじゃないかなーって思った。
[PR]
by fujifuji0705 | 2004-05-16 21:56 | 日記